「行知学園日本語教師養成講座」モニター学生を募集

外国人留学生を対象とする受験予備校、および日本語学校を展開する行知学園株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:楊舸)は、オンラインと教室授業とのハイブリッドで行う日本語教師養成講座(文化庁認定講座)を2021年4月より開講いたします。

<概要>

今後来日する外国人材がますます増え、それに伴い外国人への日本語教育の拡充が叫ばれる昨今、日本語教師の需要は高まっています。現在、日本語教育の現場では様々なバックグラウンドを持つ教師が活躍し、日本語教育に携わっています。社会人として働いていた方、主婦の方、リタイアされた方、副業で教師を目指す方、ボランティアで日本語を教えている方など、幅広い年齢層の方が活躍中です。行知学園は明日から教壇に立てる、自己解決能力の高い日本語教師を育成し、今後の日本語教育を後押ししたいと考えています。そのため、4月から東京・高田馬場で日本語教師養成講座を開講し、それに伴い、モニターとなる受講生を募集いたします。

◇日本語教師になるためには?

https://coach-j-teacher.jp/#flow

───────────────────────────────────────

<行知学園「日本語教師養成講座」の特長>

まず、特長として挙げられるのが、450時間中230時間を占める学科科目のハイブリッド式の授業です。教室での授業をライブ配信することで、教室の授業を教室内で受講するか、オンラインで参加するか、受講生が自由に選ぶことができます。オンラインを選択した場合でも、教室内の受講生と共にグループワークができたり、質問がすぐにできたり、教室内で授業を受けている感覚で受講できます。このコロナ禍で通学をためらわれる方にも、教室で授業を体感したいという方にも満足いただけるハイブリッド授業です。

また、通常の養成講座は100時間ほどの実習の時間数が、当校では220時間であり、なおかつ中級・上級の実習も行います。豊富な実習で教壇にたつテクニックを磨き、明日から教壇に立てる修了生の育成を目指します。また、中上級の実習を通し、日本語学習者のゴールを知ることができます。どこを目指して教育を行っていくのか、それは日本語教師必須の知識です。

さらに、大手の講座にはない懇切丁寧な個別指導をします。お一人お一人に寄り添った指導で、徹底的に就職をサポートしていきます。

◇講座紹介・カリキュラム

https://coach-j-teacher.jp/#lecturer

───────────────────────────────────────

■講座概要■

コース名:行知学園 日本語教師養成講座

教室所在:東京都新宿区高田馬場1-25-29 ファザーランド高田馬場 2F(JR山手線・西武新宿線・東西線高田馬場駅徒歩3分)

募集期間:2021年4月1日~2021年8月25日(5か月コース)

定員:20名

一般価格:授業料40万円・入学金2万円・教材費3万円

主な講師:

福田佳与国際基督教大学大学院修了、行知学園日本語教師養成講座主任講師
鈴木薫筑波大学卒、元国際交流基金専門家
阿部志野歩東京学芸大学大学院修了、元東京学芸大学教育学部非常勤講師
大門祐子埼玉大学大学院修了、15年間日本語学校講師を歴任

■開講記念モニター学生募集概要■

モニター定員:5名限定

モニター特別価格:授業料28万円(一般価格の30%オフ)・入学金2万円・教材費3万円

応募条件:入校時の面接、入稿後の1か月に1回のレポート提出、当校宣伝媒体用の文章や写真などの使用を許諾いただける方

締め切り:定員数になり次第締め切り

※応募人数が多い場合は、面接にて決定させていただきます。

───────────────────────────────────────

行知学園は優秀な日本語教師を育成し、日本語教育がさらなる進化をとげ、日本語を学ぶ学習者のよりよい学びのために尽力してまいります。

行知学園 日本語教師養成講座 紹介サイト https://coach-j-teacher.jp/

教室見学歓迎します(営業時間:9:00〜18:00)

問合せメール:coach-yosei@koyo-mail.com (福田)

問合せ電話:03‐6302‐1407

───────────────────────────────────────

◆会社概要

会社名:株式会社行知学園

本社:東京都新宿区百人町2-8-15

代表者:代表取締役社長 楊舸

Webサイト:http://coach-ac.co.jp/

Copyright 2021 行知学園株式会社