「こども六法」の著者山崎聡一郎先生は行知学園日本語学校で特別授業を行いました

2020年3月6日(金)、日本語学校では「こども六法」の著者、山崎聡一郎先生をゲストティーチャーにお迎えし、特別授業を行いました。

『こども六法』は六法全書の内容を子どもでも理解できるよう、わかりやすい言葉と表現に「翻訳」したもので、令和元年8月の発売以来20万部を超えるヒットとなりました。
子供の頃にいじめを受けた経験のある山崎先生が、法律の知識があれば自分の身を守れたかもしれないという後悔から、いざという時に自分で自分の身を守れるように、「子供でもわかるような法律の本を作りたい」という願いで制作されました。
 
日本語学校では、事前に学生からアンケートを募り、山崎先生にはそのアンケートの質問「日本で生活していて日本の法律やルールで困ったこと」「日本と中国の法律の違い」なども含め、法律とマナーについて、興味深くわかりやすく講義していただきました。

講義後は、聴講した学生から「今まで縁がなかった法律に触れて興味を持った」「ルールと法律の違いが分かった」「国によって法律が違うので、住んでいる国の法律を知っていると生活がしやすい」などの感想が寄せられました。
 
尚、この様子は、NHKに取材され、山崎先生の密着番組の中で一部紹介されました。
 
媒体:NHK国際放送
番組名:『Face To Face』
オンエアは、3月29日(日)、月30日(月)でしたが、
一年間のインターネットによるオンデマンド視聴が可能です。
是非、ご覧ください。


https://www3.nhk.or.jp/nhkworld/en/ondemand/video/2043056/
 
*海外向けの放送であるため英語での放送です。

 
山崎先生HP https://www.yamasow.com/

Copyright 2020 行知学園株式会社