横浜パシフィコ横浜で日本語学校の粕谷心理カウンセラーがLD学会にて発表を行いました

2019年11月9日(土)パシフィコ横浜にて、日本LD学会 第28回大会が行われ、日本語学校の心理カウンセラー 粕谷真由美先生が、国際教養大学 橋本洋輔先生らと共に、研究発表を行った。

一般社団法人日本LD学会は、LD(学習障害)・ADHD(注意欠如多動性障害)等の発達障害に関する進歩向上を図るとともに、LD等を有する者に対する教育の質的向上と福祉の増進を目的に設立された学術研究団体であり、教育、心理、医療、福祉、行政などに携わる実践家や研究者等によって構成されており、学術大会は年1回のペースで開催されている。

この大会において、粕谷真由美先生は、中国の受験事情、本校でのカウンセリングの実情と、在籍する全学生に実施した「抑うつ・ストレス度チェック」の統計と分析結果を発表。また、日本語教育と心理支援、両方の見地から、日本語力が伸びない原因が学習障害(LD)に起因しているのか否かを見極める外国人向けアセスメントの必要性を説き、特別支援教育に関わる研究者や支援者に大きな共感を呼んだ。

在日中国人の増加が必至である今こそ、即刻、対策を講じる課題であり、今後も国際教養大学をはじめとする他大学や教育機関と提携して研究を進めていく方向である。

Copyright 2019 行知学園株式会社