中級クラスのコミュニケーションの 授業で、「おもてなし 茶の湯」の授業を 行いました。

11月21日(水)中級Ⅰクラス

科目:コミュニケーション「おもてなし 茶の湯」

担当:粕谷真由美先生

クラス17名全員、茶道は初体験。

まずは茶の湯の歴史や作法を学び、お茶の点て方やいただき方を学んだあと、いよいよお客様のおもてなし。

この日、ご招待したのは、校長の萩野先生、森川先生、戴先生、担任の李先生の4名です。

お迎えから、お席への案内、お菓子担当、お茶担当など、それぞれの役割を立派に果たし、先生方からお褒めの言葉をいただきました。最後に感想文を書いて、授業は終了。

日本の文化を実体験しながらの授業は、学生の隠れた感性をたくさん引き出してくれました。

Copyright 2018 行知学園株式会社